タイ観光 マスト情報

【2019年版】バンコク『ドンムアン国際空港』案内の完全版

2019年11月20日

【2019年版】バンコク『ドンムアン国際空港』案内の完全版

こんな人に読んで欲しい!

  • ドンムアン国際空港ってどんなところ?
  • ドンムアン国際空港から市内への移動はどうすればいい?
  • バンコクの空港に着いたらどんなことをすればいいの?
  • バンコク旅行に向けて万全の準備をしたい!

この記事の結論(時間が無い人向け)

  • 空港に着いたら、まずは無料Wi-Fiに繋ごう!
  • トラベルSIMはAISの無制限プラン一択!
  • お金に余裕があるならタクシー移動が一番楽!
  • 乗り換えに時間があるなら、仮眠スペースを使おう!

※この記事はとても長いので、目次で気になるところだけをチェックすることをおすすめします!

始まっちゃいましたよ『でいぜろBlog』

今回は、LCC(AirAsiaやScootなど)を利用してバンコク旅行に来る人のほとんどが使うことになる「ドンムアン国際空港(Don Mueang International Airport)」についてご紹介します。

せっかくのバンコク旅行のスタートで失敗をしないように、『ドンムアン国際空港』ですべきことをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

また実際に到着してから無料Wi-Fiに繋ぐまで少し時間がかかることもあると思うので、大事な部分はスクショを取っておく事をオススメします!

JALやANAでバンコク旅行に来る方は「スワンナプーム国際空港(Suvarnabhumi International Airport)」に到着することが多いと思うので、下記の記事を参考にしてください。

【2019年版】バンコク『スワンナプーム国際空港』案内の完全版

こんな人に読んで欲しい! スワンナプーム国際空港ってどんなところ? スワンナプーム国際空港から市内への移動はどうすればいい? バンコクの空港 ...

続きを見る

1. 入国カードの書き方

海外旅行に慣れている方はご存知かと思いますが、タイに到着して入国審査を通る際に「ARRIVAL CARD」というものを提出する必要があります。

飛行機の中でもらえる場合もありますが、入国審査ゲートの前に置いてることもあるので、もし飛行機の中でもらえなかった場合は審査ゲートの前まで歩いてカードが置いてある場所を探してみてください。ゲートの近くにあるので、誰でも簡単に見つけられることができます!

また「ARRIVAL CARD」は必要な情報を書く必要があるので、下記の手順に従って記入してください!

JALの公式サイトに詳しい手順がとても丁寧に記載されてありました。


【表面】

(出所 : Japan Airlines)

1:
2:
3: 性別(男性:Male/女性:Female)
4: 国籍
5: パスポート番号
6: 生年月日(日・月・西暦)
7: 到着便名
8: ビザ番号※あれば
9: 職業
10: 出発国
11: 滞在目的
12: 滞在日数
13: 居住都道府県
14: 居住国
15: タイ滞在中の宿泊先住所(ホテル名)
16: 電話番号
17: Eメールアドレス
18: 署名(パスポートと同じ)

【裏面】

(出所 : Japan Airlines)

1: 搭乗便のタイプ(チャーター便/定期便)
2: タイへは初めてのご旅行ですか?
3: 団体旅行ですか?
4: 宿泊施設
(ホテル/友人宅/ユースホステル/アパート/ゲストハウス/その他)
5: 渡航目的
(休暇/会議/スポーツ/商用/招待旅行/医療&健康/教育/大会/乗り継ぎ/雇用/展覧会/その他)
6: 年収
(20,000USドル以下/20,000〜60,000USドル/60,001USドル以上/収入なし)

 

「ARRIVAL CARD」で重要なことは、審査を通った時にもらう「半券(出国カード)を必ず持っておく!」ということです!

これはバンコクから日本へ帰る際に提示する必要があります。

半券(出国カード)を無くした場合、日本へ帰れなくなるということはないのですが、出国する時にもう一度記入し直したり、入国審査員の方に英語で説明する必要があるので、必ずパスポートに挟んでおきましょう!
※半券(出国カード)無くしても、少し時間をかけて面倒な作業をすれば出国自体はできるので安心してください!笑

2. 無料Wifiサービス

(※こちらの写真はスワンナプーム国際空港のものです)

空港に到着したら、まず空港内にある無料Wi-Fiに接続してください。

接続方法は「スワンナプーム国際空港」と同じで、下記の手順で接続することができます。

無料Wi-Fiの接続の仕方

  1. 「@AirportAISFreeWiFi」を選択
  2.  「パスポートID」「メールアドレス」を入力
  3.  「Login」をタップ

1回の接続で2時間利用することができますが、再登録と再接続を繰り返せば無限に利用することができます。

無料Wi-Fiに接続できたら、空港外でもネットを利用できるように「トラベルSIM」を購入しましょう!

3. トラベルSIMカード

海外旅行で欠かせないのが「トラベルSIM」を購入することです!

アライバルゲートを出るとすぐに『AIS』『DTAC』『TrueMove H』などの大手通信会社のお店があります。

バンコクで購入すべき「トラベルSIMカード」は別記事でご紹介しているので、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください!

※結論から言うと、トラベルSIMを買うなら「AISの無制限プラン(unlimited plan)」を買えば間違い無いです!目安としては1週間で約1,000円程度です。

【悩む時間は無駄】タイのトラベルSIMは「AIS」一択の理由

こんな人に読んで欲しい! 旅先でネットが使えないと不安... できるだけ早いネットを使いたい! 全部同じように見えるんだけど、結局どれがいい ...

続きを見る

4. 無料充電スペース

こちらも「スワンナプーム国際空港」と同じく無料の充電スポットがあります。

アライバルゲートを出て一番近い無料充電スポットはターミナル1(国際線ターミナル)の1階スターバックス前にあります。

基本的にここにはたくさんの人が座っているので、充電スポットが空いているない可能性が高いです。

これからバンコクを出国する方は、出国審査のゲートを過ぎた後、飛行機搭乗ゲートの前に無料充電スポットがあるのでそちらをご利用ください。

ケーブルをそのまま挿すだけの「USBタイプ」と通常の「コンセントタイプ」がありますが、絶対に「コンセントタイプ」を利用してください!

USBタイプを利用しない方がいい理由は、セキュリティー上、問題がある可能性が高いからです。

ご興味がある方は下記の記事を確認してみてください!

(参考) 空港のUSB充電ポートは極めて危険、セキュリティ専門家が警告

5. 空港から都心部への交通手段

『ドンムアン国際空港』からの移動手段は4つあります。電車(エアポートリンク)以外の3つは全て一階にあります。

具体的な料金と所要時間等をまとめているので、あなたの旅行にぴったりな移動手段があれば是非使ってみてください!

5. 1. タクシー

まずメジャーな市内への移動手段は「タクシー」に乗ることです。

タクシー乗り場は『スワンナプーム国際空港』同様に、1階の8番ゲート付近にあるタクシー乗り場でチケットを発券してもらった後に乗ることができます。

基本的にこのタクシー乗り場は15分ほど並ぶ必要がありますが、他で乗るとトラブルの原因になることもあるので、面倒ではありますがこちらに並んだ方が絶対にいいです。

都心の「アソーク駅」まで行く場合の料金は、だいたい300~4000THB(約1,010~1,300円)程で、所要時間は20~30分(渋滞している場合、もう少しかかります)となります。
※内訳 : メーター料金300THB + 空港使用料 50THB + 高速代50THB

空港から市内に行くときは使えませんが、空港を出たら移動は「GrabTaxi」を利用することをオススメします!

「『GrabTaxi』って何?」という方でも理解できるように詳細な手順もまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

【最安で移動する方法!】タイ・バンコクでの『GrabTaxi』の使い方と支払い方法

こんな人に読んで欲しい! タイ旅行の移動手段ってどうすればいいの? タイでタクシーを使うとぼったくられるって聞いたけど... GrabTax ...

続きを見る

5. 2. KLOOKチャーター

事前に「スワンナプーム国際空港」から市内への移動を予約しておきたいという方は、ぜひKLOOKを使ってみてください!

KLOOKは日本ではあまり知られていませんが、世界のツアーや移動手段などを格安で提供している香港で急成長しているサービスです。

下記のツアーを利用すれば、約2,000円前後でバンコク市内への移動を事前に予約することができます!

こちらも市内までの所要時間は20~30分ほどとなります。

[貸切送迎] ドンムアン空港(DMK)~バンコク / パタヤ / ホアヒン / アユタヤ間

一人旅行の場合はちょっと高いですが、数人での旅行の場合は少し安くなるかもしれません!人数によって車の大きさを変えることやパタヤなどに連れて行ってくれるものもあるので、ぜひチュックしてみてください!

(出所 : KLOOK)

【初めてKLOOKを利用する方限定】

こちらのリンクから会員登録をしていただいた方は、無料で500円OFFクーポンをゲットすることができます!少しでも安くしたい方はぜひ活用してみてください!

Yoshi
KLOOKの使い方は別記事でまとめる予定なのでお待ちください!

 

5. 3. バス

交通費を抑えたい方は「バス」がオススメです!

バス乗り場はターミナル1(国際線乗り場)の6番ゲートの近くにあります。

大多数の旅行客の方は基本的にA1乗れば大丈夫です!バスの料金は発車してから乗務員さんが回収に来てくれます。

15分ほど乗っているとBTS(バンコクスカイトレイン)「モーチット駅(Mo Chit Station)」付近に到着するので、そこからBTS「アソーク駅」までスカイトレインに乗ればバンコクの市内に到着します!

このバスは一律30THB(約110円)現金のみの取り扱いとなっているので、空港を出る前に両替とコンビニなどで小さいお金を用意していた方がベターです。

タクシーやチャーターなどと比べると利便性は劣りますが、ローカル感を味わうことができるので「バンコク旅行にキター!」という気持ちが増すこと間違いなしです。

6. 食事スペース

ドンムアン空港で「少し食事を取りたいな〜」と思ったら、ターミナル2の4階に行きましょう!

4階はファストフードやタイ料理のフードコートがあるので、こちらでサクッと食べるのがいいと思います!

フードコートのいくつかのお店は24時間営業なので、深夜にドンムアン に着いた方でも安心して食事ができます。

実際行ってみるとわかるのですが、ファストフードも含めて空港の料理は市内やローカルな場所と比較して高めなので、サクッと食べるのがいいと思います!それほどお腹が減っていない方はコンビニで軽食を買うのがいいと思います!

タイのフードコートあるあるですが、食事を注文するときは店でお金を払うのではなく、中央のキャッシャーで現金をカードにチャージする必要があります。

ちょっと面倒ではありますが、「列に並んだけど買えなかった...」なんてことが無いようにしてくださいね!

チャージの目安としては、一人当たり200~300THB(720~1,080円)ほどチャージしておくといいと思います。

残金がある場合はカードを渡すと残りの金額を現金に替えてくれるので、無理に使い切らなくても大丈夫です。

近くに箸やスプーンをとる場所がありますが、日本では見慣れないものがあるのでご紹介します。

フードコートなどに行くとたまに見かけるのですが、「熱湯消毒用のお湯」がおいてあります。

スプーンとフォークを持ったら熱湯消毒しておきましょう!

※「熱湯消毒しないと汚い」なんてことは無いので、安心してください。

7. 古式マッサージ

こちらはバンコクから日本へ帰国する時に使うこと場合がほとんどだと思いますが、「ドンムアン空港」にはタイ古式マッサージを受けれるところがあります。

飛行機での長旅前に受けると飛行機の中でぐっすり寝れる結構おすすめですが、ローカルと比べてかなり高いです...。

市内やカオサンでマッサージを受ける場合は、相場は60分150~250THB(約540円~900円)ほどですが、こちらのお店では60分700THB(約2,500円)になっているので、約4.5倍くらいの値段となっています。

「空港についてこれから市内に行くよ!」と行った方は絶対に市内でマッサージを受けた方がお得なので、どうしても「今マッサージを受けなきゃダメなんだ!!」という方以外は市内で受けるようにした方がいいと思います!

8. 仮眠スペース

こちらは乗り換えなどで「ドンムアン空港」を利用する方向けになりますが、ターミナル2の4階フードコートの近くに「sleeep box」という短時間の仮眠スペースがあります!

1時間500THB(約1,800円)~となっており、バンコクにしては結構いい値段がするので、3時間未満の場合はフードコートなどで時間を潰した方がいいです。シャワーのみの利用も可能なので「どうしても今シャワーを浴びたい」という方にはぴったりの場所です!

3時間以上5時間未満の滞在の場合は、ぜひこちらを活用してみください!

5時間以上の滞在の場合は、「アマリ ドン ムアン エアポート バンコク」というホテルが併設されているので、そちらに泊まった方が設備とコスパ的にいいので、「ドンムアン空港」での滞在時間に合わせて検討してみてください。

9. 両替

ドンムアン国際空港の両替所はアライバルゲートを出てすぐ右の方にあります。

海外旅行に頻繁に行く方は知っていると思いますが、空港の両替所のレートは市内にある両替所のレートより悪いことが多いので、空港で多額の両替を行うと大きな損をすることになります。

あまり損をしたくない方は、空港で両替をする場合は3,000~5,000円(800THB~1,300THB)くらいにしておきましょう!

900THBほどあれば、移動や軽食等で困ることはほとんどありません。

※タイで両替を行う場合はパスポートの提示が必要です。英語に自信がない方は、現金をパスポートと一緒に渡しましょう!

どうしても大きな額のタイバーツが必要な場合は、両替所の近くにあるATMを利用した方が安いかもしれません。

別記事でキャッシングをせずにATMで日本円をタイバーツにする方法をまとめているので、ぜひチェックしてみてください!

【2019年版】日本のデビットカードでタイのATMを使う方法

こんな人に読んで欲しい! タイで現金が必要になった時ってどうすればいいの? 海外のATMで下ろすと手数料高いって聞いたんだけど... 海外旅 ...

続きを見る

10. VAT払い戻し

こちらはバンコクから日本へ帰る時にお得になる情報です!

バンコクで買い物やサービスを受けた場合、「VAT(付加価値税)」という税金が7%課税されています。

Yoshi
結構高いですよね〜

でも安心してください!

あまり知られていないのですが、1回の買い物の金額が2,000THB(約7,200円)以上だった場合、4階の『VAT REFUND FOR TOURISTS INFORMATION』で返金してもらうことができます。

わずかな額かもしれませんが、1食くらいはタイ料理を食べられる額にはなると思うので、チェックインや搭乗まで余裕のある方は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

11. 喫煙所

こちらは一部の方にしか有益な情報ではないと思いますが、必要な方もいると思うのでご紹介しておきます!

ドンムアン空港の喫煙所は1階の外にあります。外に出て左の方に行くと、タバコを吸っている方がいると思います!

こちらの記事に詳しく書いてあったので、喫煙者の方はこちらをご確認ください。

 

終わりに

いかがでしたか。

LCCで日本からバンコクに来る方が急増しているので、そんな方には必見の内容になっていると思います。

空港に到着して「@AirportAISFreeWiFi」の無料Wi-Fiに繋ぎさえすればこの記事をチェックできるので、「空港についたらWi-Fiに接続する!」とだけ覚えておけば、特段心配しなくて大丈夫です!

入国審査の記入カードについては、Wi-Fiを接続する前に通らなきゃいけない可能性があるので、スクショなどを取っておくことをオススメします!

バンコク旅行のスタート地点「ドンムアン空港」をマスターして、最高のバンコク旅行にしてください!

※他に知りたい情報等がありましたら、こちらにご連絡ください!

 

Yoshi
LCCでバンコクに来る方は絶対にチェックしておいてくださいね!

 

タイの旅行情報について知りたい方向け

現在、LINE Open Chatにてタイ・バンコク旅行質問掲示板 by でいぜろ バンコクというチャンネルを運営しております。

私、でいぜろバンコク」のよしがタイの旅行情報に関する質問にお答えするチャンネルとなっているので、タイ旅行について気になっていること聞きたいことなどあれば、なんでも聞いてください!!

匿名でいつでも入退室できるので、お気軽にご参加ください🇹🇭

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Yoshi

Yoshi

▽タイ在住7年目 ▽あなたのタイ旅行が最高の体験になるよう、必須情報から在住者だからこそ知る情報まで発信してます。 ▽YouTubeではローカル情報やホテルレビュー、タイあるあるネタなどを発信しています。InstagramやTwitterもチェックしていただけると嬉しいです!

-タイ観光, マスト情報